子供の目線に立ったランドセルの選び方

ランドセルは一度購入すると、基本的に小学校を卒業するまで六年間ずっと使用するものです。そのため価格も決して安くはなく、高いものになると少々驚くくらいの価格になります。ですが、大切な我が子や孫だからこそ、少々高くてもしっかりとしたものを買い与えたいと考える人は多いのではないでしょうか。昔は年明けや、遅くても小学校入学直前に用意すれば十分に間に合い、そのデザインや色もワンパターンでした。しかし、近年では購入する時期自体が早まっており、購入が早い家庭では入学の一年前から探し始めることもあるようです。さらにデザインや色も昔とは比べ物にならないくらい豊富になり、中にはデコレーションが施されたものも販売されています。だからこそ、どういったものを選べば良いのか、迷う人も増えています。

親が選ぶか、子供に選ばせるのか

子供にとっても色とりどりのカラフルなランドセルは憧れの存在です。中には、小さいながらに自分なりのこだわりや好みを持っている子もいるかもしれません。そこでまず迷うことが、ランドセルを親などの保護者が選ぶのか、それとも子供に選ばせるのかということです。親と子の好みが一致すれば、まずこの問題に悩む必要はありません。親が良いと思ったものに子供が同意してくれたり、またその逆もあり得ます。しかし、中には子供が選んだものがあまりに奇抜だったり、実用性に欠けるものだったとしたら、親としては購入することに躊躇してしまいます。親としては六年間丈夫に使用できるものが良いかもしれませんが、だからといって親の好みのみを押し付けてしまえば、子供自身はがっかりしてしまうかもしれません。

子供の意見をうまく取り入れることがポイント

ランドセルを選ぶ際に大切なことは、親の目線のみで探すのではなく、実際に使用する子供の意見や好みをきちんと聞くことです。その上で、子供自身も納得できるものを提案してあげると良いです。たとえば、小さい子供であれば派手なピンクや水色のものを好むかもしれません。ですが高学年になれば、こういった派手な色を恥ずかしく感じる可能性はゼロではありません。そのため、子供の意見をあらかじめ聞いた上で親が今後の六年間を想定して、いくつかの商品を提示してあげると良いです。そしてこの中のどれが良いかと聞き、選ばせることで、最終的に子供自身も親自身も納得ができる買い物ができる可能性が高まります。そして毎年の流行や、小学校ごとの傾向などもあるため、こちらも事前に下調べしておくことがおすすめです。

品質や使いやすさ、機能性にこだわったランドセルを60年間作り続けています。 定番モデルから最新モデルのランドセルが揃うので、お気に入りが見つかります。 老舗メーカー「ナース鞄工」が、こだわりの手縫いと手作りで作り上げるランドセルブランド「キッズアミ」。 キッズアミのランドセルには日本製のかばんの証である「信頼のマーク」がついています。 通販で買える手作りランドセルはこちら