ランドセルの素材別の特徴について解説します

ランドセルは6年間使用するものなので、デザインや機能性、素材などをきちんと考えたうえで購入してあげたいですよね。ですが、何を決め手にしたら良いのか、ポイントを抑えておく必要があります。いざ購入を前にすると、パンフレットやインターネットで調べて、こんなにあるのかと悩まれるのではないでしょうか。そんなランドセルの素材は、大きく分けると本皮と合皮の2つになります。馬の皮を使ったコードバンもありますが、主にこの2つで検討しても良いでしょう。本皮は重さがあり、値段も高いという特徴があります。合皮で一般的なのは、クラリーノです。2つともメリットもあればデメリットもありますので、見た目だけではなく、購入の際にはきちんと検討をして決めるようにしましょう。

素材の違いをきちんと知っておこう

本皮とクラリーノは、重さや値段以外にも、それぞれ特徴があります。本皮のメリットは、耐久性に優れていて丈夫なので、長年愛用することで、背中に馴染んでくれますし、皮本来の味が出てきて、愛着がわいてくるという点です。ただし、重いので、最初の頃は背負って歩くのが大変かもしれません。また、雨に弱いというデメリットもあります。クラリーノの場合は、雨に強く、皮に比べますと軽いので、持ちやすくて使いやすいというメリットがあります。また、本皮に比べますと、非常にお手入れも楽ですので、ちょっと汚れてしまった場合でも、簡単に洗うことが可能です。また、色の種類も豊富ですので、子どもの好みに合わせてランドセルの購入が可能です。ですが、使い込んでいくと、くたびれた感じが出てくるので、場合によっては6年間もたないかもしれません。

子どもが長く使いたくなるようなものを選ぼう

本皮には本皮の良いところがありますし、クラリーノにはクラリーノの良いところがあります。ですので、ランドセル選びで本当に大切になるのが、子どもが6年間背負って学校に行きたくなるようなものを、きちんと選んであげることです。お店に行くと、店員さんが色んな説明をしてくれることでしょう。確かに、説明をされてしまいますと、心が動いて、おすすめのものを購入したくなります。また、おじいちゃんやおばあちゃんが購入してくれるとなると、高いものだけを選んでしまいがちになります。長く使うのであれば、当然本皮のほうが良いですが、子ども目線で考えてみると、軽いものや色のバリエーションが多いほうが魅力的に見えることもあります。しっかりと話し合って、使う本人が納得をするものを購入してあげましょう。